HOME  >  組合事業  >  技能実習生受入事業  >  技能実習生受入れ人数枠

技能実習生受入れ人数枠イメージ

技能実習生受入れ人数枠

技能実習実施機関の常勤職員数(法人毎) 技能実習1号(1年目)の受入人数枠
201人 以上 300人 以下 15人
101人 以上 200人 以下 10人
51人 以上 100人 以下 6人
50人 以下 3人

※ 300人を超える企業に関しては、常勤職員数の5%以内で実習生受入れが可能。
※ 50人以下の企業では、技能実習生数が受入れ企業の常勤職員総数を超えることはできません。
※ 常勤職員数は雇用保険加入者数で判断されます。
  派遣社員、短時間就労者、技能実習生は含めません。(常勤役員は含みます)。

<例:毎年6名の実習生を受入れするケース>

  1年目 2年目 3年目 4年目
1期生 実習生1号 6名 実習生2号 6名 実習生2号 6名  
2期生   実習生1号 6名 実習生2号 6名 実習生2号 6名
3期生     実習生1号 6名 実習生2号 6名
4期生 以降       実習生1号 6名
合計 6名 12名 18名 18名

※ 上記の表のように毎年技能実習生を受入れると3年目以降は18名の受入れが可能。
※ 技能実習2号移行対象職種以外の職種(日本滞在1年間のみ)の技能実習生を受入れる場合は、
  毎年「受入れ人数枠」内になります。