HOME  >  組合事業  >  技能実習生受入事業  >  入国後教育

入国後教育イメージ

入国後教育

日本入国後の約1ヶ月間は当組合実施の最後の講習をおこないます。
現地で学んだことを実際に日本で生かしながら、徐々に日本の生活に馴染んでいきます。
1ヵ月後には、すっかりとたくましくなって、企業での着任を迎えます。

当組合講習の特長

1. 宿舎併設の実習生専用講習施設が2箇所

・ 日本語教育を実際の生活施設を使用しながら実施する等、日本語教育と生活指導を融合
・ 生徒は全て技能実習生のため、技能実習生に特化したカリキュラム

2. 実習場面を想定した実践的な会話練習

・ 出国前に基礎文法等をしっかりと学習して、日本では実習場面等を想定した会話練習がメイン
・ 日本語教育有資格者の講師が7名、経験豊かな講師が日本語を教えます。
・ 会話メインのため、約20名の少人数クラス(一部授業内容除く)
・ 生活、礼儀、マナーも全て「させてみる」ことにより学習

3. 企業・職種別の専門学習

・ 企業別の実習でよく使う単語集作成、単語テストの実施
・ 安全衛生等の職種別の教育もご要望に応じて実施可能

実習生専用講習施設イメージ