HOME  >  組合事業  >  技能実習生受入事業  >  技能実習制度とは

技能実習生受入事業イメージ

技能実習制度とは

技能実習制度についてイメージ 日本の企業等で技術、技能又は知識を修得するために外国人を受入れ“ 技能実習 ”を通じて 技能実習生の人材育成と日本で修得した技術の母国への移転を図るという人的な国際貢献を目的として、 法務省入国管理局が実施している制度です。
講習を含む一年間の実習終了後は、対象職種、作業に限り、技能検定試験、実習成果等の評価を受け、 更に2年間“ 在留 ”を延長する事ができます。

最長3年間の滞在期間

※ 技能実習2号移行対象職種以外の職種は、技能実習1号のみの1年間を検討することになります。
  (2号移行対象職種につきましては、「1-5. 技能実習3年対象職種」をご参照ください。)
※ 技能検定基礎2級等の機能検定試験に合格した場合には技能実習2号に移行できます。